香川シームレス株式会社 BLOG

香川シームレス株式会社 BLOG

専門的な事から地域や社内の話題まで (ストッキング、タイツ、着圧ソックス、弾性ストッキング、製造、工場など)

ストッキング工場を写真で説明してみました。 ダイジェスト版


ストッキング工場は日本でも数少なく、10数社しかありません。

靴下工場はもう少し多くあると思います。

ストッキング、靴下の工場とも丸編みニット編機を中心に製造していますが、

ストッキング工場の方が縫製工程や染色工程があり少し設備が多く必要です。

 

数年に1回、地元の小学校での工場見学や、地元商工会でも工場見学を行うと、みんな

面白がって見ていくので、今回ダイジェストとして、紹介してみたいと思います。

 

見せられないような所(企業秘密的な)は省いて、

見せて問題ない所を写真で説明していきます。

 

f:id:k-seamless:20210220203211j:plain

ドイツの医療専用編機メルツ

f:id:k-seamless:20210220203247j:plain

ストッキング編機は針数が360本~400本位が普通で、500本前後の物まで存在します。

f:id:k-seamless:20210220203349j:plain

ウーリーナイロンと呼ばれる糸。ウーリー加工と言って風合いをよくする加工がされています。

f:id:k-seamless:20210220203434j:plain

SCY。シングル・カバード・ヤーン と言ってポリウレタン(ゴム)の糸の周りにナイロンの糸がまかれているような糸です。伸縮性が高いのが特徴です。写真はパンツ部の糸で少し太いです。

f:id:k-seamless:20210220203728j:plain

GLC。ガセットラインクルーザー。股縫いと同時にマチ生地を縫い合わせて最後につま先まで縫ってしまう画期的な機械。調整が大変です。

香川シームレスでは、生産の実績入力をバーコードとPOTを利用しているので、機械毎にバーコードがついています。

f:id:k-seamless:20210220203921j:plain

GLCの機械で股を裁断している所

 

f:id:k-seamless:20210220204002j:plain

縫製の機械の多くがオーバーロックミシンで、生地を裁断しながら縫い合わせていきます。

 

f:id:k-seamless:20210220204320j:plain

染色の準備としてプリセットと言う工程があります。真空にして蒸気を入れて均一に熱が加わるようにします。生地面の安定や染色が均一にできるようにする為に行います。

f:id:k-seamless:20210220204433j:plain

プリセット機のアップ



 

f:id:k-seamless:20210220204530j:plain

染色室。ドラム染色機がメインです。

f:id:k-seamless:20210220204559j:plain

45年ほど前の機械も現役で稼働中です。

f:id:k-seamless:20210220204629j:plain

一般医療機器専用の容器などもあります。管理が徹底されています。

 

f:id:k-seamless:20210220204659j:plain

染色の試験室。洗濯・摩擦堅牢度試験機などがあります。



f:id:k-seamless:20210220204737j:plain

医療機器の書類はしっかりと保管されています。

 

f:id:k-seamless:20210220204826j:plain

染色排水処理場の入り口。関係者以外立ち入り禁止です。

 

f:id:k-seamless:20210220204801j:plain

排水処理場

f:id:k-seamless:20210220204901j:plain

浄水場の小型版のような感じです。





f:id:k-seamless:20210220204929j:plain

排水処理の記録デスク。

f:id:k-seamless:20210220204955j:plain

セット機。染色すると当然濡れており、乾かしてしわを伸ばすような工程です。

サイズ管理にも重要な工程となります。

 

f:id:k-seamless:20210220205050j:plain

工具の管理が素晴らしいです。

 

 

f:id:k-seamless:20210220205242j:plain

社内で着圧測定を行います。

ザルツマンとハトラーの2種類で対応が可能です。

 

 

f:id:k-seamless:20210220205311j:plain

検査工程。医療機器等に関しては、特に厳しい検査を行っています。
一つ一つ手間をかけて検査します。


 

f:id:k-seamless:20210220205415j:plain

パッケージ詰め。手順書で間違い防止を徹底しています。

 

 

f:id:k-seamless:20210220205552j:plain

検針工程。金属探知機、検針機を使用しますが、ウェイトチェッカーも併用しています。

ソックスなどで、入り数不足は発生0です。

 

 

f:id:k-seamless:20210220205710j:plain

ウェイトチェッカーの画面

 

f:id:k-seamless:20210220205822j:plain

製品倉庫。



 

f:id:k-seamless:20210220205840j:plain

パソコンで生産状況がすべて見れるようになっています。

 

 

f:id:k-seamless:20210220205923j:plain

品番別にどこの工程にどれだけあるかわかるようになっています。

 

 

f:id:k-seamless:20210220210011j:plain

f:id:k-seamless:20210220210104j:plain

糸に関しても、在庫、使用状況などがパソコンで見れるようになっています。

 

 

f:id:k-seamless:20210220210139j:plain

原糸の発注システムも、タブレットを利用してデジタル化を行いました。使用状況を元に発注必要数が簡単に分かる仕組みとなっています。

 

医療機器の製造販売許可取得など、ここ数年で色々と工場内も進化してきたと思います。

建物は古くなってきました。

設備も古い物を使用している所もありますが、

部分的には最新の機械も導入しており、ある程度は時代の流れにも対応できていると思います。

 

 

次回は、動画で工場見学を頑張ってみたいと思います。